しもやけって、うつるの・・・?

しもやけができると、とっても辛いです。

でも、今までしもやけができたことがなかったのに、急にできたりすると驚きますよね。

しもやけ shimoyake

そんな時、頭をよぎるのは「もしかして、うつった・・・?」。

ということで、今回はしもやけがうつるかどうかをご紹介します。

 

しもやけってうつるの・・・?

しもやけ shimoyake

今までできなった人に、急にしもやけができると辛いですよね。

もちろん、これまで慣れてきている方もつらいです。

 

でも、なぜ今までなったことのなかった人が、急にしもやけになるのでしょうか?

それって、しもやけがうつったってこと?

いいえ、ちがいます!

なぜなら、「しもやけ」はうつらないからです。

 

では、なぜしもやけになったことがない人でも「しもやけ」になることがあるのでしょうか?

それは、気温の低い場所にいることで、だれでも「しもやけ」になる可能性があるからなんです。

 

しかし、体質や遺伝などによって、しもやけになりやすい人となりにくい人がいます。

そのため、同じ環境下にいても「しもやけ」になる人とならない人がいるんです。(→しもやけになりやすい体質の特徴とは?)

 

しもやけは「気温の低下」によって、私たち人の血行不良が起こることが原因で発症します。

手足といった抹消の血液循環がうまくいかなくなり、そこに血液が滞ることで炎症を起こします。

炎症部分は赤く腫れたり、ひどい場合は水ぶくれなどを伴います。(→しもやけの発症する詳しいメカニズムはコチラ)

 

そのため、人から感染するということはありません。

また、「冷え」はストレスから感じる場合もあります。

これまで「しもやけ」になったことがない方でも、ストレスなどが原因で冷えを強く感じることから「しもやけ」になることがあります。

 

しもやけはうつらない、でも気を付けて!

しもやけ shimoyake

しもやけは人に移るような病気ではありません。

しかし、だからといって予防をしないと「かゆみ」「痛み」を我慢しなければいけません。

寒さを予防し、しもやけを予防しましょう。(→しもやけの正しい7つの予防方法とは?)

 

また、しもやけに似ている症状で、まったく違う病気という場合もあります。

しもやけは医療機関でも診察を受けることができます。

「たかがしもやけ」と思わずに病院を受診することで、しもやけを早く治したり、病気の発見をすることができます。(→しもやけに似ている病気とは?)