「しもやけ」なのに【痛くない】【かゆくない】これって他の病気なの!?

寒い季節になると、「かゆみ」「痛み」とともにあらわれるのが「しもやけ」ですよね。

毎年それに苦しんでいる方も多いはず。

しもやけ shimoyake

しかし、見た目が「しもやけ」のようなのに、「かゆくない」「痛くない」ということはありませんか?

もしかしてそれは、しもやけではなく別の病気の症状かも!?

今回はしもやけとその他の症状についてご紹介します。

 

「しもやけ」なのに【痛くない】【かゆくない】これって他の病気なの!?

しもやけ shimoyake

しもやけは血行不良が引き起こす炎症です。

手足といった抹消の血液循環が気温の低下でうまくいかなくなり、しもやけを引き起こしやすくなるのです。

 

そのため、冬になるとしもやけを発症しやすくなります。

もともとの体質でしもやけになりやすい人もいれば、ストレスなどが原因で引き起こされる場合もあります。(→ストレスでしもやけってホントにあるの?)

 

しもやけになると、次のような症状が起こります。

  • 身体が温まると、かゆくなる
  • ジンジンとした重い痛みがある
  • 水ぶくれ
  • 皮が剥ける
  • 歩くのがツライ程の傷み
  • 赤く腫れている

しもやけは「かゆみ」「痛み」だけでなく、こういった症状を引き起こすことがあります。

そういった場合は重度のしもやけになっていることもあるので、できれば病院で受診してお薬を処方してもらう方が早く良くなることが多いです。(→しもやけで病院って何科に行ったらいいの?)

 

でも、こういった症状に似ているけれど「しもやけ」ではない場合があります。

それをこれからご紹介します。

 

痛いけどかゆくない「しもやけ」と似ている病気

しもやけ shimoyake

しもやけと症状が似ているから、ついつい見逃しがちになる病気があります。

それは次の通りです。

 

レイノー病

水仕事などの寒冷刺激を受けたときに、手足の血管が急激に収縮します。

この時、肌の色は白くなったり、青紫になります。

  • しびれ
  • 痛み
  • かゆみはない

症状にはこの3つの特徴があります。

病気の初期段階では、寒冷刺激がなくなると元に戻ります。

そのため、「しもやけ」として見逃しがちにになることが多い病気です。

 

凍傷

寒さによって引き起こされる病気です。

皮膚組織が凍結し、しもやけの症状を通り越してしまっている状態。

  • かゆみはない
  • 重度になると痛みもなくなる

マイナス12度以下で発症し、放っておくと患部を切断という可能性もあります。

 

膠原病(強皮症、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群など)

実際にしもやけだと思って病院を受診し、発見される確率の高い病気です。

  • 皮膚に赤や紫の斑ができる
  • 水ぶくれができる場合もある
  • かゆみは個人差がある
  • 手のこわばり
  • 関節痛
  • 微熱
  • 身体のダルさ

こういった症状が起こることが多いです。

自己判断が難しく、すぐに医療機関の受診が必要がです。

 

「しもやけ」なのに【痛くない】【かゆくない】これって他の病気かも!

しもやけ shimoyake

寒い時期や、しもやけができやすい体質の方だと、ついつい見逃してしまいがちな「似ている他の病気のサイン」。

しもやけと思える症状でも、実は違う病気の可能性もあります。

 

「痛い」けど「かゆくない」というしもやけも、もちろんあります。

しかし、そういった場合は他の病気の可能性もあります。

 

そのため、少しでも不安を感じる場合は病院を受診しましょう。

特に、膠原病や糖尿病を放っておいてしまうと、その後の生活に大きな支障を生んでしまう可能性もあります。

まずはアナタの身体を知ることが大切です。