しもやけ「針で血を抜く」って効果的?

「しもやけ」になると、すべてを投げ捨ててしまいたくなるほどの痒みに襲われますよね。

治りかけなんて最悪です。

しもやけ shimoyake

「しもやけ」に針を刺して、血を抜いてしまえば早く治るという話もよく聞きます。

でも、本当に早く「しもやけ」を治すことができるのでしょうか?

 

しもやけ「針で血を抜く」って効果的なの?

しもやけ shimoyake

しもやけは、寒さで血行が悪くなり生じる炎症です。

また、最高気温と最低気温の温度差が大きい時期には、体内の血管をうまく体が調節できなくなり、抹消に「しもやけ」ができます。

 

手足によくできる症状ですが、肌が露出をしていると「頬」「鼻」「耳」にもできることがあります。

 

私も遺伝的なもので、子供のころから「しもやけ」に悩まされていました。

足首から先を切りたくなるほど「かゆい~!!」と悶えることもあります。

 

そんな「しもやけ」を治すために「針で刺す」という方法が有効的だと、祖母から教えてもらったことがあります。

それは、しもやけのできている場所に「針」を差し、そこに溜まっている血を出すというもの。

 

血がだらだら出ることもなく、うまくいけば数日で治ることもあります。

でも、この方法って本当に効果的なの?

大丈夫?

そう不安に感じ始めたのは大人になってから。(笑)

 

本当は良くない?しもやけに針を刺す荒治療?

しもやけ shimoyake

「針を刺す」という荒治療。

確かに効果を感じられるのですが、「ニキビをつぶす」という行為に似ています。

ニキビの白い芯のようなものを取ると、早く治ることがありますよね。

 

でもニキビをつぶしても、実際には肌への刺激となり「ニキビ跡」になってしまうことがあります。

早く治っているような気がするだけで、実はほんの少し完治するまでの時間が違うだけなんです。

ということは、「針で刺す」という荒治療をするよりも、しもやけに適した「塗り薬」や「方法」を行うことで、跡を残すことなく治療する邦画効果的。

 

しかも!!

「しもやけ」も、血液を出すことで強制的に血流を良くしているような感覚になります。

しかし、しもやけは「内出血」ではありません。

 

そのため、医療機関としては「針で刺す」ということは、おススメの方法ではないようです。

皮膚科の先生に実際に「針で刺す」治療方法について尋ねてみました。

 

すると・・・

感染症の可能性もあるから、病院で薬を処方してもらう方が効果的だよ。
それに、血流をよくするのであれば、しっかりと揉んであげる方が安全です。

ということは、血行を良くするためには、温泉に行ったり、入浴中にこまめに揉んであげることで血行を良くすることが大切だということ。

「しもやけ」は血行不良が原因なので、その原因を解消することが最も効果的です。

 

しもやけ「針で血を抜く」よりも効果的な治療方法とは?

しもやけ shimoyake

しもやけを早く治すためには、血流改善をするように心がけましょう。

そして、「針で刺す」という荒治療よりも、しもやけができる前から予防することが大切!

 

私も美容オイルをお風呂に入れて、お風呂の中でオイルマッサージをするようにしています。

オイルにはビタミンEなどの、血行を良くする効果が期待できる成分が含まれているものがあります。

この方法をはじめてから、しもやけはできなくなりましたよ~♪(→しもやけも予防!?バスオイルで美容効果を全身にも!?)

 

しもやけを早く治したいと思っている方は、次の方法も試してみてください。(→しもやけを早く治す、たった3つの方法)

また、できる前から予防することが理想的ですよね。

しもやけを予防するための方法をこちらでもご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください♪(→しもやけを予防する、7つの方法)

 

しもやけができた場合は、病院で治療を受けることができます。

しもやけの症状がとても重たい場合や、なんども繰り返したりする場合は、病院での治療もおススメです。(→しもやけで病院に!でも何科に行ったらいいの?)

しもやけの症状に似た病気もあるので、「本当にしもやけかな?」と思い当たることがある方は要チェックです。(→アナタは大丈夫?しもやけに似た病気とは?)