これは正しい?【しもやけを温めると痛い】なぜ?解消法は?

寒い時期、寒い環境に行くと発症しやすい「しもやけ」。

そんなしもやけは、温めると「痛い」ですよね。

それも軽い痛みではなく、ジンジンとした皮膚の奥の方からの痛み。

しもやけ shimoyake

どうしてそんな症状が起こるのでしょうか?

また、これは正しい対処方法なのでしょうか?

今回は、しもやけを温めたときに起こる「痛み」についてご紹介します。

 

これは正しい?【しもやけを温めると痛い】なぜ?解消法は?

しもやけ shimoyake

人の身体は環境や気温に合わせて、血管の調節を行い、体温をキープする働きをします。

しかし、その働きがこまめにできないのが「抹消」と呼ばれる手足です。

 

抹消が冷えると、不眠に陥ってしまったり、冷え性などの症状が起こりやすくなります。

そして、血液循環の悪化から「しもやけ」を発症させてしまうのです。(→しもやけができるメカニズムと原因)

 

だから、しもやけができたら「温めるのがいい」ってよく言いますよね。

え・・・でも、しもやけって温めると痛いよ~・・・。

そういった経験をされている方も多いはずです。

 

 

【しもやけを温めると痛い】なぜ?

しもやけ shimoyake

寒さによって、血液循環がうまくできずに、血液が滞ることから「しもやけ」が発生します。

しかし、身体が温められることで、今度は滞っていた血液が一気に流れ出します。

 

ただこの時、寒さによって縮こまっていた血管から大量の血液が流れるには血管が狭すぎます。

身体が「温かさ」に反応して血管を広げる前に、血液が流れだしてしまうからです。

すると、血管いっぱいに流れる血液の勢いによって、「ジンジン」とした痛みを感じるようになるのです。

 

ただし、この痛みは一時的なものです。

血管が温かさに反応し、きちんと広がることができれば痛みは軽減されます。

 

【しもやけを温めると痛い】解消法は?

しもやけ shimoyake

しもやけを温めたときに痛みを感じるのは、気温の変化に血管の反応が遅いからです。

ということは、体がきちんと反応できるようにトレーニングをしたり、しもやけができないように予防することによって予防・解消することができます。

 

特に血行を良くするために、冷たい水と温かい水に交互につける方法が良いとされています。

また、温めながらマッサージをすることも効果的♪(→詳しい行い方はコチラ)

 

お風呂でのケアや、お風呂がありでのケアは、使うスキンケア用品・クリームによっては美容効果も得ることができちゃいます。

ぜひ、冷え性予防やしもやけ予防に、美容効果も合わせて行ってみてください♪(→しもやけを予防する、7つの方法)